アドボケートの効果

アドボケートは月1回投薬するだけで、犬糸状虫症とノミ・ダニ等の寄生虫の駆除ができる犬猫用の医薬品です。
有効成分は『イミダクロプリド』と『モキシデクチン』の2つが入っていて、イミダクロプリドはノミの駆除効果があるのです。後者のモキシデクチンはミクロフィラリア(フィラリアの幼虫)や鉤虫・回虫を退治する効果があります。

この医薬品はスポット(薬液を滴下する)型なので、錠剤など飲み薬が嫌い。薬があわなくておう吐してしまう犬猫にも心配はいりません。犬猫の皮フに直接薬液をつけて使うものなので、本当に有効性があるものなのか疑う飼主もいるかと思います。
飲み薬とは違い、投薬後は有効成分がすばやく体全体に行き渡りますので飲み薬よりも効果発現が早いという特徴があります。

アドボケートを1回投薬すると、おおよそ3分~5分程度でノミの吸血を阻止するほど発現がはやいのです。さらにノミの幼虫や成虫にもおおよそ20分くらいで駆除できるのでノミのサイクルをさえぎり止めることが出来ます。ノミは1日に約40個~50個ほど産卵するといわれていて、たった1匹のノミがついてても瞬く間に新しく生まれて増えていくので、たかがノミと軽く考えるのは危険です。ですのでノミは年間をとおして対策したほうが良いとされています。

有効成分のモキシデクチンは血管内に浸透し、犬糸状虫症を予防します。また回虫や鉤虫の成虫、幼虫。さらに未成熟成虫をほぼ確実に駆除出来ます。その他、耳ダニに対してもたった1回投薬するだけで駆除出来ます。

一般的にはフィラリア予防薬は蚊が発生したあと1ヵ月後から蚊がいなくなって1ヵ月後までが予防期間とされているのですが、アドボケートは1回の投薬で複数のものに対して有効性がある医薬品なので一年を通して犬糸状虫症と寄生虫の駆除予防ができます。

犬糸状虫症の予防薬でもある医薬品なので、使いはじめる前は必ず動物病院へ連れて行き血液検査を受けさせてください。万一すでに犬糸状虫症に感染している犬猫に投薬してしまうとショックを起こし、死亡してしまうケースもあります。ですので、必ず血液検査で犬糸状虫症に感染していないことを確認して使いましょう。
また体重によって薬液の用量が変わりますので、体重に合わせて製品を使うようにしてください。用量が少なかった場合は効き目が半減しますし、反対に用量が多いと重い副作用の症候が現れる恐れもあります。
安全に使う為には、これらの用量用法をしっかり守ることが重要です。

アドボケート最安値はこちらから↓
アドボケート最安値


コメントは利用できません。

関連記事


ノミ、マダニ駆除薬の口コミランキング

  1. No.1レボリューション【猫・犬】

    レボリューション【猫・犬】の口コミと評判

  2. No.2ブロードライン【猫】

    ブロードライン【猫】の口コミと評判

  3. No.3アドボケート【猫・犬】

    アドボケート【猫・犬】の口コミと評判