ミルベマイシンの効果

ミルベマイシンは強力な駆除効果を持つ薬です。フィラリア予防薬として有名で、腸内に潜む寄生虫をすばやく駆除する効果があります。
寄生虫に対する主な効果範囲は下記のとおりです。

  • フィラリア幼虫(犬糸状虫)の駆除
  • 内部寄生虫(犬回虫・犬鉤虫・犬鞭虫)の駆除

フィラリア症は蚊に吸血されることで、体内にフィラリア寄生虫を埋め込まれることにより感染する可能性がでてきます。最初は消化器官に潜み、成長するにつれ感染能力を宿します。その後、心臓に移動しフィラリア症発症の原因となります。
成長段階は主に4段階に分けられ下記のとおりです。

  • 第1段階→体内に幼虫が侵入
  • 第2段階→体内で幼虫が成長する
  • 第3段階→成長した幼虫が心臓へ移動する
  • 第4段階→心臓で成虫になり、繁殖を繰り返す

1~2段階になるには約2ヶ月、その後4段階になるには約半年かかります。2段階に至るまでならほぼ根絶可能ですが、第3、4になるにつれ幼虫を駆除するが難しくなります。
このため、第2段階になるまでに、ミルベマイシンを使用しなければなりません。この薬は錠剤タイプで、月に1度使用すれば効果は約1ヵ月間続きます。

効果を最大限発揮するには1度投与して、1ヵ月が経過する前に再度投与しなければなりません。1ヵ月を過ぎると効果が弱まる可能性があり、病気を発症することもあります。
お住まいの地域にもよりますが、蚊の活動が始まってから1ヵ月後~蚊の活動が終わって1ヵ月後位までは継続的に使うのがベストです。。
沖縄などの暑い地域にお住まいの人は、病気を確実に防ぐためにも年間を通して使用されたほうが良いでしょう。
薬を投与して効き目がある期間は、病気になることはないといっても過言ではありません。健康は約束され、愛犬との楽しい日々を過ごすこともできます。そのためにも、薬を忘れず使用しなければなりません。

フィラリア幼虫の他にも、小腸や大腸などの消化器官に寄生する犬回虫・犬鉤虫・犬鞭虫も同時に駆除をします。これらの寄生虫は、犬の日常生活で体内に進入することが多くあります。
草むらなどで遊んでいる最中、ふとしたきっかけで便などに触れ、それを口にするだけでも体内に侵入します。下痢や嘔吐などの症状を引き起こし、何もしないでおくと危険な状態になることもあります。
ミルベマイシンはこれらの寄生虫までも駆除をします。その効果は世界中で認められており、多くの愛犬家が使用しています。

ミルベマイシン最安値はこちらから↓
ミルベマイシン最安値


コメントは利用できません。

関連記事


ノミ、マダニ駆除薬の口コミランキング

  1. No.1レボリューション【猫・犬】

    レボリューション【猫・犬】の口コミと評判

  2. No.2ブロードライン【猫】

    ブロードライン【猫】の口コミと評判

  3. No.3アドボケート【猫・犬】

    アドボケート【猫・犬】の口コミと評判