ネクスガードスペクトラの副作用

毎日ペットの体調管理を行うのは飼い主としての務めであり、様々な病気にかからないためにも定期的に予防薬の投与は欠かせません。特にフィラリア症はペットにとって身近な存在であり、発症しやすい病気として一般的に認知されています。
2015年から販売されているネクスガードスペクトラは優れた駆除効果を持つフィラリア予防薬です。他にも外部寄生虫のノミ・マダニや、内部寄生虫の回虫・鉤虫・鞭虫に対して一掃駆除する万能性を備えています。優れた効果のあるネクスガードスペクトラですが、その反面、副作用を起こす場合もあります。臨床実験での発症確率は約1%と低いものの、薬である以上副作用には警戒しなくてはいけません。主に現れる症状について詳しく紹介します。

ネクスガードスペクトラは安全性の高いペット薬として定評がありますが、時に以下のような副作用を起こす場合があります。

  • 下痢や嘔吐
  • 経口タイプで柔らかいチュアブルになってますが、薬を飲み込んだ後に体が異物として捉えられて嘔吐してしまったり下痢を起こす場合があります。普段食べ慣れないものを口にすると起こりやすく、下痢や嘔吐で体の水分が奪われます。なるべく水分を多く摂らせて半日以上はエサを与えず胃腸を休ませてください。通常の便に戻るようでしたら問題はありません。薬を吐き出した場合は再度、無理に与えないでください。もしも激しい下痢症状が2日以上も続く場合には、速やかに獣医師さんへ相談するよう対処しましょう。

  • 食欲不振
  • 薬による影響や嘔吐によって一時的な食欲不振に陥ることがあります。特に服用直後に起こりやすい症状のため、薬を与えた後は異常がみられないか経過を見守るのことが大事です。すぐにエサを与える必要はありませんが、夏場は水分を摂らせるようにしましょう。しばらくは消化を良くするためにエサを柔らかくするのもよいでしょう。症状が続くと、ふらつきを起こして歩けなくなるなど体力低下にも繋がるため、特に体力消耗しやすい野外で飼育している場合は注意しましょう。

  • ショック症状
  • 体内に寄生するフィラリア幼虫が大きくなると、フィラリア予防薬での駆除は難しくなります。特に体内でフィラリアの成虫が寄生している場合は、薬の投与によって起こるアレルギー反応により、けいれんや呼吸困難など体に大きなショック症状をもたらす場合があります。特に致死率の高い症状であるため、すぐに緊急処置を受けましょう。初めて薬を投与する際には注意が必要なため、必ず病院でフィラリア検査をし、事故を未然に防ぎましょう。

副作用を起こす原因は定かではありませんが、特に抵抗力が弱まっているときは上記のような症状を起こすことがあるため、薬を投与する前に必ずペットの体調を確認する必要があります。
動物自身で健康管理を対処することはできません。飼い主さんの気遣いや適切な判断が重要になります。薬を投与した後は、体調の様子を注意深く見守るように意識しましょう。
ネクスガードスペクトラは超小型犬から超大型犬までの5種類の薬に分かれており、薬に含まれる成分量は体重別に異なっています。ペットの体重を把握し、適した薬を選んでください。
大切な愛犬の病気予防には定期的な投与が必要となります。万が一起こり得る副作用についての知識や情報を得て健康的な毎日を過ごしましょう。

ネクスガードスペクトラ最安値はこちらから↓
ネクスガードスペクトラ最安値


コメントは利用できません。

関連記事


ノミ、マダニ駆除薬の口コミランキング

  1. No.1レボリューション【猫・犬】

    レボリューション【猫・犬】の口コミと評判

  2. No.2ブロードライン【猫】

    ブロードライン【猫】の口コミと評判

  3. No.3アドボケート【猫・犬】

    アドボケート【猫・犬】の口コミと評判