レボリューションの効果

レボリューションは犬と猫の両方に使用ができるスポットタイプ(滴下式)の薬で、錠剤を嫌って経口投与が難しいと判断されるペットにも最適です。
薬の成分の安全性も確立しているため、妊娠中や授乳中でも安心して投与できます。皮膚に滴下するだけで血液をたどって速やかに全身へと巡り、体表に住み着くノミ・ダニといった外部寄生虫や、体内に潜入し生息する腸内寄生虫の予防駆除の効果を発揮します。

薬効成分は「セラメクチン」と呼ばれるマクロライド系の駆除薬で、従来の駆除薬に使用された成分と比べて高い殺菌能力を持っています。この成分はアメリカに本拠地を置く製薬会社のファイザーが開発しました。
血液に含まれるセラメクチンを吸血したノミの神経に働きかけ、細胞内のイオン濃度をマイナスへと強化することで神経を麻痺させ、動けなくすることで駆除ができるという仕組みです。皮膚に植え付けられた卵の孵化を妨げる威力もあります。

またノミに限らず、ミミヒゼンダニやフィラリアの幼虫、そして猫においては猫回虫にも有効です。
耳に生息するミミヒゼンダニは、耳道の皮膚組織内に吸収されたセラメクチンと接触することで死滅します。
フィラリア幼虫は血管内と組織内、猫回虫は成分を含んだ排出物と接触することで体内から追い出します。

新たに寄生虫が住み着こうと近づいてきても、全身に行き渡った成分のおかげで寄生の心配はありません。
ただし、同じ寄生虫でもマダニの駆除はできません。ダニはダニでもミミヒゼンダニとはまったく異なる種類のため混同しないよう注意してください。

ノミを対象とした実験データによると、成分濃度が通常の半分程度だったにも関わらず約92%という高い駆除率を示したということです。
またフィラリアの幼虫に対しても低濃度で死滅させることが可能であることが確認されています。

猫

セラメクチンは、吸収率においても非常に優秀な成分です。
血液中にすばやく吸収されるため、投与後約2時間後に水を浴びせても薬が洗い落とされることなく効力が衰えないことが証明されています。

ただし、確実にレボリューションの効果が発揮させるためにもシャンプーをするのは投与してから2~3日後を推奨しています。
薬の効果は約1ヶ月です。完全に効力が失われないよう毎月1回は薬を投与するようにしましょう。

レボリューション最安値はこちらから↓
レボリューション最安値


コメントは利用できません。

関連記事


ノミ、マダニ駆除薬の口コミランキング

  1. No.1レボリューション【猫・犬】

    レボリューション【猫・犬】の口コミと評判

  2. No.2ブロードライン【猫】

    ブロードライン【猫】の口コミと評判

  3. No.3アドボケート【猫・犬】

    アドボケート【猫・犬】の口コミと評判