レボリューションの副作用

レボリューションを投与することでフィラリア対策と寄生虫駆除も行えるため、これまでリピートしている愛犬家や愛猫家の方はきっと多いでしょう。しかし、副作用の危うさを理解していない方も意外に多いのではないでしょうか。どんなに安全性が確立された薬でも、稀に体に異変をきたすことがあります。誤った使い方がキッカケとなることもありますが、ペットの体調や体質によって症状の程度は多岐に渡ります。最悪の事態を回避するためにも、副作用のことを学んでおきましょう!

主に報告がある症状として、元気消失・食欲減退・呼吸困難・嘔吐・下痢が挙げられます。また、要注意とされるアナフィラキシー反応により、場合によっては重症化するおそれもあります。
過去には、フィラリア対策として投薬したにも関わらず、ショック症状で死に至った例があります。調べてみると、心臓近くにフィラリアが侵入しており、血管内に幼虫の死骸が数多く詰まっていたのが原因でした。そのため、肝不全など合併症を招く結果となり死亡しました。これは、投薬した時期にフィラリアが感染していたことで起因となった症状であると結論づけられました。
また、投薬から6時間後に下痢と嘔吐に何度も襲われ、呼吸困難を引き起こしたために死亡した例もあります。副作用が発現した時間が6時間以内であることと、症状からアナフィラキシー反応だったとされています。アナフィラキシー反応・ショック死は犬に現れた異変です。犬に用いる際は、これらの症状の発現の可能性を踏まえ、気をつけるように努めましょう。

猫に起こる副作用としては、度々現れる症状によだれ・皮膚の痒み・脱毛があります。よだれは、薬剤が口に入ることで起きます。猫はグルーミングを行うため、その際に薬剤と接触する例が大半を占めます。薬を苦いと感じる猫が多いため、吐いて外に排出しようと意識が働き嘔吐に繋がります。また、強いアレルギー反応からかゆみで皮膚を過剰に掻きむしることもあります。

以上が、現在までに明らかになっている症状です。しかし、これらは滅多に発現することはないため、安心して使用を行えます。レボリューションの投与後は、一定の間ペットの様子を観察すると、イレギュラーな事態に焦らず対応できます。体調の異変が見られた際は、獣医からの判断を待ちましょう。一過性のものがほとんどではありますが、自己判断は危険なため専門家の意見を聞くのがベストです。

レボリューション最安値はこちらから↓
レボリューション最安値


コメントは利用できません。

関連記事


ノミ、マダニ駆除薬の口コミランキング

  1. No.1レボリューション【猫・犬】

    レボリューション【猫・犬】の口コミと評判

  2. No.2ブロードライン【猫】

    ブロードライン【猫】の口コミと評判

  3. No.3アドボケート【猫・犬】

    アドボケート【猫・犬】の口コミと評判